「猫のフンで大統領呪う」魔女、課税に激怒

日本では消費税増税構想をめぐり、議論が激しさを増していますが、ルーマニアでは2011年01月から「魔女」に所得税16%が課せられることになりました。

ルーマニアでは元大統領が魔女を雇っていたとのうわさもあるほどで、今回、駐車係らとともに納税すべき職業となりました。

AP通信によると魔女らは「猫のフン、犬の死体を使って大統領を呪う」と激怒していると・・・

在日ルーマニア大使館担当者は「魔女をみかけることはあまりなかったし、呪いは効かないと信じたい」。

さて一票と呪い、どちらが怖いか・・・
posted by 5150 at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。