ルーマニアで違法な遺伝子組み換え大豆を栽培=グリーンピース指摘

グリーンピースインターナショナル(本部・オランダ)は5日、ルーマニアのドナウ川沿いにあるブライラ島で違法に遺伝子組み換え大豆が栽培されていると指摘。同日朝には同団体の活動家約30人がブライラ港で、島を出るすべての乗り物を対象にした洗浄設備を配備したという。

また、同団体ではルーマニア政府と欧州委員会(EC)に速やかに栽培場所を特定し、違法な遺伝子組み換え大豆を廃棄するよう要求した。

グリーンピースルーマニアのガブリエル・ポン氏は「我々は環境や多種多様性、人間の健康に悪影響を及ぼす違法な遺伝子組み換え作物が、ルーマニア全土に拡大するのを防ぐために行動を起こした」と語った。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
http://www.jc-press.com/kaigai/200709/091201.htm
posted by 5150 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア情報

猛暑“亜熱帯化”が警告する

最高気温の日本記録が、七十四年ぶりに更新された。しかも、岐阜県と埼玉県で同時にだ。“亜熱帯化”が進む日本。その背景に人間の営みがあることを、もう認めずにはいられない。

暑い。記録破りの猛暑である。

岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で十六日、気温が四〇・九度に上り、七十四年ぶりに日本最高記録を塗り替えた。この夏は北海道でも、苫小牧や新冠などで三五度を超える「猛暑日」や、最低気温が二五度より下がらない「熱帯夜」が観測された。

日本全土が“亜熱帯”になってしまった夏である。

異常気象は、国内だけにはとどまらない。地球規模で常態化しつつあるようだ。

国連世界気象機関(WMO)の異常気象報告によると、今年一月と四月の地球全体の地表温度は、一八八〇年からの観測史上最も高かった。

東欧のブルガリアやルーマニアで四五度前後に上ったと思えば、南アフリカでは二十六年ぶりにまとまった雪が降り、南米のチリやアルゼンチンを氷点下二〇度の寒さが襲うなど、南半球の冬も尋常ではない。

英国では五−七月、二百四十年の観測史上最大の雨量を記録した。

気候変動は異常気象を引き起こすだけでなく、身近な自然の風景をじわじわと変えていく。

かつて南西日本に分布したクマゼミは、首都圏の街路樹を占拠しつつある。九州周辺が北限とされたナガサキアゲハの生息域が、埼玉県まで広がった。海の中では、水温の上昇によるサンゴの死滅やクロマグロの減少が進んでいる。

スーパーコンピューターの予測では、亜熱帯化が進行すれば、熱中症が頻発するだけでなく、熱帯の感染症が日本に上陸、流行するなど、人間の健康にも直接大きな影響を及ぼすようになるという。

南米ペルー沖で海面の温度が下がる「ラニーニャ現象」や、暖かい風が山を越えて吹き下ろす「フェーン現象」のしわざと言えば、個々の事象に一応の説明はつくのだろう。

だが、国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第四次報告書にもあるように、産業化、近代化を急速に進めた人間の営みが、自然のテンポをはるかに超えて、気候の変化に拍車を掛けてきたのはもはや否めない。

今肌で感じる異常な暑さ、身の回りの景色の変異を直視して、温暖化防止のために今できる何かを実行しないと、やがて取り返しのつかないことになる−。この夏の猛暑は、そう警告を発している。


posted by 5150 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア情報

無料で便利なルーマニアの地図があります。

日本に居ながらルーマニアの地図を手に入れる事は困難だと思います。

私は、ブカレストの地図は持っていますが、道路の名前が記されていだけ
なのでルーマニアに行く時には使いません。

日本のような住宅地図もあればいいと思いますが、海外には無いのかな?
私の記憶では、無いはずだと思いますが、どうなんでしょうね。

今回は、ルーマニアの主要都市の地図を調べる事が出来る便利なサイトを
紹介致します。私も「ピテシュティの何処?」なんて話題になった時に
調べる為に使っています。

下記のサイトにあるブカレストの地図は私が持っている地図とあまり変わりません。

ルーマニアの地図
posted by 5150 at 23:40 | Comment(1) | TrackBack(1) | ルーマニア情報

猛暑で500人死亡か 中南欧、熱波や山火事

欧州南部は二十四日、猛暑に襲われ、イタリアでは二人が山火事で死亡、過去最高気温を記録したルーマニアでは熱波で十二人が亡くなった。ロイター通信によると、ハンガリー政府当局者は同国内で過去一週間、猛暑のため推定約五百人が死亡したと語った。

中南欧の猛暑は、六月下旬に続く第二波。

ANSA通信によるとイタリア南部のアドリア海に面したリゾート地ペスキチで山火事が発生。観光客ら約千人が逃げようと海岸に殺到し、船とヘリコプターで救助されたが、逃げ遅れた二人の遺体が海岸で見つかった。

出火の原因は不明だが、猛暑で森が乾燥していた上、強風もあって火の回りが早くなったらしい。近くの都市バリでは最高気温が四五度に上った。

また、ロイター通信によると、ルーマニアの各地では過去最高の四四度を記録。暑さで約一万九千人が病院に収容され、十二人が亡くなった。ブルガリアの各地でも過去百二十年間で最高の四四度を記録した。

マケドニアやアルバニア、ギリシャの各地では停電が発生。エアコン使用による電気需要の急増などが原因とみられる。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200707250254.html
posted by 5150 at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア情報

米フォード、ルーマニア工場を買収・1100億円投資

米フォード・モーターは16日、ルーマニア政府が民営化するクラヨバ自動車工場の買収計画を発表した。

買収に成功すれば、工場の近代化などに6億7500万ユーロ(約1100億円)
を投資する。
自動車市場が成長中の東欧地域の中核生産拠点として位置づける。

同工場は従業員数が3900人。2006年は2万4000台を生産した。
フォードは追加投資に加えて従業員も増やし、年産30万台の生産能力を持つ工場に拡張したい考えだ。ルーマニアのポペスクタリチェアヌ首相と同日会談した欧州フォードのジョン・フレミング社長は発表文で「2012年までに約10億ユーロをルーマニアに投資する」と述べた。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20070717D2M1701117.html
posted by 5150 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。