NATO、サイバーテロ防衛センター設立へ

【4月4日 AFP】ルーマニアの首都ブカレスト(Bucharest)で首脳会議を行った北大西洋条約機構(NATO)は4日、サイバー攻撃への特別緊急対応部隊を発足させることで合意した。NATO高官が4日明らかにした。

NATO加盟国のエストニア政府のウェブサイトが2007年5月上旬からロシアからと見られるサイバー攻撃を受け、約2か月にわたり接続できなくなったことを受けたもの。首脳会議最終日の4日、あるNATO高官は、この攻撃によってNATOは方針転換を迫られたと語った。



またこの高官は、「(エストニア政府へのサイバー攻撃は)非常に明白な脅威だった。NATOは効果的な対応をとり、システムを強固にする方策をとってきた」と述べ、その一環として欧州で最もインターネット経済が進んでいるエストニアにサイバー防衛センターを設立することになったと述べた。

また、化学兵器・生物兵器・放射性物質を使った攻撃への防御体制にならい、サイバーテロに24時間対応する緊急即応部隊を編成するという。

NATO首脳会談開催に合わせロンドンの王立国際問題研究所(Chatham House、RIIA)や在米ドイツ・マーシャル財団(The German Marshall Fund、GMF)が発表した資料によると、政府や救急サービス、民間がインターネットに依存している現在、インターネットの崩壊は社会に深刻な混乱と物資の不足をもたらすという。




posted by 5150 at 11:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | コンピュータ
この記事へのコメント
初めまして、いろいろ見てここにたどりつきました。そしていきなりの質問を悪く思わないでください。早速ですが去年に日本人と結婚していて離婚したルーマニア女性(日本の離婚届・相手の謄本、結婚して離婚したことがちゃんと載っているもの)はあるのですが
次に結婚(日本人と)するには、その離婚のときに外務省からのスタンプ(APOSTHILE)がいるのでしょうか?それは押してもらっていません。お分かりになる範囲で結構ですので、おしえて頂けないでしょうか?本人もよく分らないんです。よろしくお願いします。
Posted by easy-joe at 2008年05月02日 08:22
私が結婚手続きをした当時と現在とでは、書類関係が変わっているようですが、日本でもルーマニアでも婚姻手続きをされていましたか?

ルーマニア側での離婚手続き関係はどうされたんでしょうか?

それにより書類は違うと思いますが・・・

ルーマニア側でも離婚手続きが完了しておれば、
裁判の書類と和訳文は準備された方が良いと思います。
Posted by 5150 at 2008年05月02日 22:02
ありがとうございます。私の説明があまりに的をえてなかったようで、今まで必要なかったルーマニアでの離婚手続きに必要と言われたらしいのです。アポスティールという名の外務省が押すスタンプがこの手続きにどうしても必要かどうかを知りたかったのですが・・・
Posted by easy-joe at 2008年05月04日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。