4ヶ月、3週と2日(ルーマニア映画)劇場券を10組20人にプレゼント

20083111.jpg

中絶をめぐる長い長い1日
 
「4ヶ月、3週と2日」(2007年、ルーマニア映画)

劇場券を10組20人にプレゼント



あて先 〒150―0001
渋谷区神宮前2―33―5―703マジックアワー「4ヶ月、3週と2日」劇場券日刊ゲンダイ係

※ハガキには郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のこと。
締め切りは2月19日(火)消印有効


4カ月を経過してしまうと、母体にかかるリスクが大きくなるため、できればそれよりもっと早い段階に処置を行う方が望ましい。何の話か?人工妊娠中絶の話。

ということは、「4ヶ月、3週と2日」たってしまうとかなり厳しい。しかもそれが、中絶の禁止されている1987年ルーマニアでの話だとしたら、状況はかなり絶望的だ。この映画は、そんな環境で人工中絶をしようとするルームメートを、親身になって手助けしようとする女性の、長い長い1日を描いた作品。

画面が揺れたり、しゃべっている人物の顔が画面からはみ出していたり、まるでホームビデオを見ているみたいだけれど、それがかえってリアリティーを生んでいて、違法中絶をしようとしている主人公たちと、秘密の共有をしたような気持ちになる。

人工中絶の良しあしについて語る作品ではない。違法中絶、という重いテーマを決して寓話(ぐうわ)的にならずにリアルに描き切ったこの作品は、問題提起とも、啓蒙(けいもう)とも違う新しい映画の可能性を示しているように思える。ルーマニア映画っていう珍しさきっかけで全然構わないから、4ヶ月、3週と2日をぜひ見に行ってください。

劇団「非・売れ線系ビーナス」主宰・田坂哲郎)

▽3月8日からシネテリエ天神などで上映

▽4ヶ月、3週と2日 公式サイト http://www.432film.jp

4ヶ月、3週と2日 受賞一覧

カンヌ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞受賞
カンヌ国際映画祭 フランス国民教育省賞受賞 
   ヨーロッパ映画賞 <作品賞><監督賞> W受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 <最優秀外国語映画賞><助演男優賞> W受賞
シカゴ映画批評家協会賞 <最優秀外国語映画賞>受賞
ハリウッドフィルム映画祭 ハリウッドワールド賞受賞
サン・セバスチャン国際映画祭 国際映画批評家連盟賞受賞
ストックホルム映画祭 <作品賞><主演女優賞> W受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 外国語映画トップ5

ゴールデン・グローブ賞 <外国語映画賞>ノミネート
インディペンデント・スピリット賞<外国語映画賞>ノミネート
ブロードキャスト映画批評家協会賞<外国語映画賞>ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 <外国語映画賞><監督賞><主演女優賞>
3部門ノミネート

4ヶ月、3週と2日 出品歴
トランシルヴァニア国際映画祭正式出品
カルロヴィ・ヴァリ映画祭正式出品
シネマニラ国際映画祭正式出品
トロント国際映画祭正式出品
ニューヨーク映画祭正式出品
レイキャビク国際映画祭正式出品
釜山国際映画祭正式出品
シカゴ国際映画祭正式出品
テルライド映画祭正式出品





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84397540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。