ルーマニアで2002年に起きた残虐事件の映画THEM

them4.jpg

THEM ゼム

2002年10月7日。仏人学校の教師クレモンティーヌと作家の夫リュカは、
ルーマニアのブカレスト郊外の風光明媚(めいび)な屋敷で優雅(ゆうが)に暮らしていたが、
突然、何者かが屋敷を襲撃。理由が全く分からない2人は恐怖の中、逃げまどう…

ルーマニアの郊外に越してきたばかりの夫婦を襲う悪夢のような惨劇。一体彼らを追い詰めるのは何者なのか?
  フランスの新世代ホラーの旗手として名を馳せるダヴィド・モローとザヴィエ・パリュが贈る『THEM』。

THEM 日本語公式サイト

080204_them_main[1].jpg

2月2日(土)、本作の上映劇場であるシネセゾン渋谷にて、
『THEM』公開記念3週連続トークショーの第2弾として、作家の岩井志麻子と「新潮45」の編集長であり、TVでもコメンテーターとして活躍する中瀬ゆかりによるトークイベントが行われた。

まずは中瀬さんがレイトショーの時間であることを考慮し、この日のトークのテーマを“ホラー&エロ!”に独断で決定。中瀬さんは「志麻子ちゃんがもしホラーに出るとしたら、カーセックスしててグサッと殺されちゃうカップル役。私は必ず最初に出てきて殺されるデブの役じゃない?」といきなりの暴言&自虐ネタで会場を沸かす。岩井さんもなぜかこれに頷き(?)「アメリカのホラー映画だったら最初は必ずカーセックスから入るのに、『THEM』はヨーロッパ映画というか、おフランス気取りやがってね、全く」と“エロ&ホラー”基準に沿って本作をバッサリ。中瀬さんも「そうそう、逃げ回るときも意味もなく水着になって、“ふり回しながら”逃げるのに」と残念そう。

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。





この記事へのコメント
このブタ二匹はダレ?
汚い
Posted by at 2013年10月20日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82561489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。