ルーマニア・バカウ市で一人芝居の国際大会

今年1月、EUの仲間入りを果たした東欧のルーマニア。共産主義時代から演劇活動は盛んで、今や世界三大演劇祭の開催国としても知られる。そのルーマニアで4月中旬、一風変わった国際演劇祭が開かれ、日本からも女優1人が招待参加した。主催者、参加者とも大きな意義を見いだしたフェスティバルとは……。

ルーマニアは、国が演劇活動を支援した東欧の旧共産主義諸国の中にあっても、とりわけ演劇の盛んな国として知られ、チャウシェスク大統領の独裁政権末期には、「『リア王』などの古典劇の上演で、巧みな演出によって体制批判を行い、民主化に大いに貢献した」と現地在住ジャーナリストは解説する。

民主革命の余塵(よじん)がくすぶる一九九四年、国土のほぼ中央、トランシルバニア州の古都シビウで始まった国際演劇祭は、いまやエディンバラ(英国)、アビニョン(仏)とともに、世界三大演劇祭と並び称されるまでに発展した。日本への関心も高く、二〇〇七年欧州文化首都にも選ばれたシビウでは、日本紹介月間が開催される予定だ。

首都ブカレストから車で北方に約四時間。モルドバ地方にある人口約二十万人のバカウ市が、一人芝居の国際演劇祭というユニークな試みの舞台である。

詳しくは下記のページをご覧下さい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2007050102012880.html




posted by 5150 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google NEWS ルーマニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。