eBayユーザーの個人情報、掲示板にさらされる

ルーマニアのハッカーを名乗る人物がeBayの掲示板に、ユーザー15人の氏名やクレジットカード番号を含む詳細な個人情報を掲載した。

米eBayユーザーの氏名やクレジットカード番号といった個人情報が盗まれ、同社の掲示板に掲載される事件が発生した。eBay関連ニュースを扱っているフォーラムサイトのFiremeg.comが伝えた。

Firemeg.comによると、問題が発生したのは3月6日。ルーマニアのハッカーを名乗る人物が、乗っ取ったアカウントでeBayのTrust & Safetyフォーラムにログインし、eBayユーザー15人の個人情報を暴露した。

掲載された情報には各個人の社会保障番号、クレジットカード番号、銀行口座番号、暗証番号、母親の旧姓(暗証番号を忘れた場合の確認によく使われる)、自動車免許番号、自宅の住所、連絡先情報などが含まれ、40分以上にわたってeBayの掲示板に残っていたという。

「Born_To_Scam_American_Guys」を名乗るこのハッカーは、アメリカ人を中傷する内容の投稿で「われわれに不可能はない。Paypal、銀行口座、クレジットカード番号、スパム、送金、何だってできる」などと書き込み、その証拠としてユーザーの個人情報を掲載した。

ユーザーから電話で通報を受けたeBayが、問題の書き込みとスレッドをすべて削除したが、その直後に、今度は12種類の掲示板に同じメッセージと情報が書き込まれたという。

Firemeg.comでは、掲示板に掲載された番号に電話をかけ、一部の被害者と接触。全員がeBayの登録ユーザーであることが確認できたが、この時点でeBayから情報流出について報告を受けていたユーザーは1人もいなかったと報告している。

詳しくはこちらのページをご覧下さい




posted by 5150 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google NEWS ルーマニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。